MENU
モデル:EARTH PARK

K様邸

遊び心のある住空間

お子様の誕生をきっかけに、快適な生活環境を求めて新築を決意したというK様。
「他にはない、遊び心のある住空間に惹かれた」と選ばれたのはBinOのスキップフロアの住まいでした。

こだわりがつまったキッチン

リビングダイニングとの動線を広く確保する意味もあってL字型を採用したキッチンは、K様のこだわりがいっぱい。
リビングからは、イメージを損なうものはいっさい見当たらず、造作のカウンターを活かして炊飯器などの家電のサイズを事前に調べて隠れるように立ち上がりのサイズを決め、カウンター下にはダストボックスがちょうど収まるように収納を確保した。

家電のコードまで見えないように計算されたキッチンは、まるでお洒落なカフェのようなスタイル。
白いタイルは見た目の良さだけでなくお掃除がラクだという機能性も。

造作カウンターはフロアと同じパイン材を矢羽根状にはるこだわりよう。また、そのカウンターに設けた引き出しはダイニング側からもキッチン側からも引き出せるスグレモノ。
造作したおかげで無駄なモノが目に入らず、隅々までヴィンテージ風のデザインで統一。

ダイニングから生活感あふれるモノができるだけ見えないように、キッチンカウンターの高さや収納の位置も考えました。
家具、家電のレイアウトやまた、デザインを壊さないように選んだ棚裏の壁紙の色など、細かいところまで悩んだかいがあって、デザイン的にも機能的にもとってもお気に入りのキッチンになりました。とK様。

全体的にヴィンテージ感のあるデザインに合わせて、洗面台もダークな色の木材を使い造作。
カウンター部分はモルタルで、アースカラーでまとめたモザイクタイルがアクセント。1段下がったカウンターは家事コーナーにして、タオルをお洒落に収納できる棚も造作で造りつけ、床も市松貼りで個性的に。
ここにもK様のこだわりが隅々までデザインされている。

セカンドリビングにはデスク代わりに使えるカウンターを造り付けた。将来、子どもが宿題をする場所としても使える。壁で仕切るのではなく、つながっているのだけれどゾーニングされているというちょうどいい関係で空間が広がっている。

そのセカンドリビングからつながるのが、スカイバルコニー

スカイバルコニーにはアウトドア用のソファやテーブルを置いて、日常からリゾート気分を味わえるようにセッティング。BBQパーティやまだ小さいお子さんのプール遊びの場所として様々なシーンで活躍中とか

アウトサイドストッカーはご主人のバイクいじりの場所として最適。
これからDIYで棚を造るなど手を加えて、さらに快適な趣味スペースへとグレードアップする予定だとか。
玄関内部からも出入りできるので、動線がいい。

たくさんのこだわりがつまったお気に入りのキッチンからは、ダイニング・リビングはもちろん、スキップフロアのセカンドリビングまで見渡せる。お料理をしていても子どもを見守る事ができるので、特に子育て中は安心です。