ZEHとは・・・なに?

それは、ネット・ゼロ・エネルギーハウスのことです。

ZEH(ゼッチ)とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのこと。 高断熱性能、高効率な省エネ設備により、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅です。 平成30年度からは、国土交通省・経済産業省との3省連携で進めているZEHゼッチ支援事業です。国は、2020年までに標準的な新築住宅でのゼロ・エネルギー化を目指しています。ZEHを「選ぶ」のではなく、ZEHの新築住宅が「当たり前」になる日が、すぐそこまで来ているといえます。

省エネ・断熱で光熱費をおさえ、創エネでエネルギー収支0に!
健康・快適なうえにエコで”お得な家”、それがZEH住宅です。

光熱費比較

ZEHは、高機能な設備や建材を採用するため、建築費用が高くなります。
それを補うため国は補助金制度を設けており、申請して認可されれば補助金が受けられます。

2018年度の補助金
ZEHは定額70万円+蓄電システム補助最大30万円
ZEH+は定額115万円+蓄電システム補助最大45万円

※補助金には公募期間やUA値や省エネ効果を数値化などの条件があります。
詳細につきましては、中塚組スタッフまでご相談ください。

※ZEH補助金予算には限りがあります。
申請者も増加しているため、申請を通過できず次の公募に申請する人も多くなっています。
そのため、申請人数によっては公募の申請からあふれてしまい、補助金の申請が通過できないことがありますので
ZEHを検討されている場合は早めにご相談ください。

ZEH普及目標と実績

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
実績(年間建築総数) ZEH普及目標
21戸 24戸 10% 30% 新築の内47%
改修の内3%