• YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • LINE@
  • Facebook

理想の平屋の作り方 その3

境界線のない家
【BOOOTS-ブーツ-】

hiraya_4

自然とふれあい、キャンプ地のように楽しむ家があってもいいじゃないか?うんうん、あってもいいですよね。
そんな独楽と独創性にあふれる暮らしにこだわり作られたのがのBOOOTS【ブーツ】です。
平屋に分類されていますが、実質2階建ての家です。

BOOOTS【ブーツ】は敷地を上手に生かし、自然と親しみながら暮らせる家。
開放的な土間の外に広がる庭が、さまざまな生活シーンで活躍します。
たとえばバースデーやホームパーティーといったいつもの集まりも庭に場所を移してデコレーションすれば、
大人も子どもも楽しめる一大イベントに早変わりします。

BOOOTS【ブーツ】の一番の特徴は、暮らしに境界線がないこと。
玄関を閉めたらそこはもう外ではなく家の中である、という当たり前のルールがなく、
家の中にアウトドアゾーン・ナチュラルゾーン・インドアゾーンがあり、それぞれがゆるやかに繋がっています。
ですから家の敷地内をまるでキャンプ場のように使用することができるのです。
なにも、遠くのキャンプ場へ出かけるだけが【アウトドア】じゃありません。
大切な家族や気の合う仲間、少しのスペースがあれば自宅の庭だって
立派なアウトドアリゾートになります。

hiraya_5

内と外をゆるくつなぐ土間空間は、ニュートラルなゾーンとして様々なことに利用することができます。
自転車やアウトドアグッズを収納することもできますし、土付きの野菜をそのまま置いておくこともできます。
DIYグッズをしまうだけでなく、この場所を使って子どものおもちゃや
生活に必要なモノを製作することもできるでしょう。
お父さんと一緒に夏休みの工作をすれば、それは良い思い出として子どもの心に刻み込まれるかもしれません。
お漬物や手作りジャムを置いておくにも最適な場所です。

インドアゾーンは、想像力をかき立てて想いのままを楽しむ空間になっています。
インテリアには様々なスタイルがありますがBOOOTS【ブーツ】では、
流行に踊らされるのではなく自分の美意識と感性に響いた
本当のお気に入りだけに囲まれた暮らしを提案しています。

大地とフラットにつながる平屋の良さと、空間を上手に活用するロフト平屋の
合理的なプランをミックスし良いとこ取りをしているのもBOOOTS【ブーツ】の特徴です。

そのまま庭につづく大きく広々とした開口と、上下階を大胆に結ぶ吹き抜け空間が、
コンパクトながらもダイナミックな暮らしを実現します。

平屋に分類されながらも実質2階建てのBOOOTS【ブーツ】なら、大家族でも対応が可能。
子どもたちは個室を持つことができますし、親子でいつでも
自然遊びができるので情操教育にもいい環境といえます。
長期優良住宅なので、次世代に住み継ぐこともできますね。

BOOOTS【ブーツ】なら
50年、100年先まで愛され、大切にされる家となるでしょう。

 

BOOOTS【ブーツ】の詳しい情報はこちら