MENU

2019.6.4.火

ZEHのメリット・デメリット

「ZEH(ゼッチ)」

お家を検討されている方の中には、

この言葉を聞いたことのある方がいるのではないでしょうか。

「ZEH」とは、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、

1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅のことです。

 

「ZEH」のイメージ☝

 

前回のブログでは「ZEH」に関する補助金についてお伝えしました。

今回は「ZEH」を取り入れる際のメリット・デメリットを探ってみました。

「ZEH」を検討されている方の少しでも参考になれば幸いです(^^)/。

 

メリット

・エネルギー消費が少なく光熱費が低減できる

・高性能な省エネ住宅として資産の高価値化ができる

・客観的な性能評価を受けるため、ZEHというブランドで価値を説明・判断でき、売買がしやすい

・認定住宅としやすく、優遇減税を受けやすい

・フラット35Sの金利優遇を受けられる

 

デメリット

・太陽光発電設備が必須

・初期費用が割高となってしまう(一般的にZEH化には250~300万円程度かかる)

・実際の利用結果として、光熱費の収支が0にならない場合もある

 

ZEHは国の施策として大きな投資がなされている分野であり、

今後の住宅性能の大きな旗印になると考えられます。

初期費用のハードルもありますが、光熱費の投資回収計算だけでは計れない、

客観的な性能価値を資産に付与できるメリットがあります。

また、快適性やヒートショック緩和など、実際の住み心地の面での良さも期待できるといわれています。

 

あなたもZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)にしてみませんか?

詳しい話を聞きたい方は、是非一度スタッフまでお問合せください。

 

 

2019.6.1.土

ZEHの補助金について

「ZEH(ゼッチ)」とは・・・

太陽光等で発電したエネルギーと、消費エネルギーが概ね同じになる省エネ性能の高い住宅を

ZEH「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」といいます。

国は現在、このZEHの普及を強く勧めており、「ZEH」を取得、

あるいはZEHに改修する方に対し、補助金を交付しています。

 

ZEHの補助金は下記の大きく3つに分かれます↓

 

①ZEH支援事業

  ZEHロードマップにおける「ZEHの定義」を満たしている住宅を支援。

  再生可能エネルギーを除いた一次エネルギー消費量の削減率20%以上、

  再エネを加えた削減率が100%以上となる省エネ住宅(=ZEH)が対象です。

  補助額:70万円/戸

  「ZEHの定義」についてはコチラ

 

②ZEH+実証事業

  ①ZEH支援事業よりも、よりハイレベルなゼロエネ住宅を支援。

  電気自動車充電設備などの再生可能エネルギーの自家消費拡大につながる設備を導入し、

  省エネ性をより高くした住宅が対象となります。

  補助額:115万円/戸

 

③ZEH+R強化事業

  ②ZEH+に、停電時の対応機能を加えたもので、災害対応型のZEHづくりを支援。

  非常電源、温水機能の確保などのレジリエンスを強化した住宅が対象となります。

  補助額:125万円/戸

 

上記のように、現在ZEHに関して、3つの補助金制度があり、

性能が高いほど、補助額が高く設定されています。

ZEHは国の施策として大きな投資がなされている分野であり、

今後の住宅性能の大きな旗印になると考えられます。

ZEHにすることにより、快適性やヒートショック緩和などの住み心地の面での良さも期待できるといわれています。

 

少しでもZEHに興味がある方は、ぜひ一度弊社スタッフにご相談ください。