MENU

2019.6.4.火

ZEHのメリット・デメリット

「ZEH(ゼッチ)」

お家を検討されている方の中には、

この言葉を聞いたことのある方がいるのではないでしょうか。

「ZEH」とは、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、

1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅のことです。

 

「ZEH」のイメージ☝

 

前回のブログでは「ZEH」に関する補助金についてお伝えしました。

今回は「ZEH」を取り入れる際のメリット・デメリットを探ってみました。

「ZEH」を検討されている方の少しでも参考になれば幸いです(^^)/。

 

メリット

・エネルギー消費が少なく光熱費が低減できる

・高性能な省エネ住宅として資産の高価値化ができる

・客観的な性能評価を受けるため、ZEHというブランドで価値を説明・判断でき、売買がしやすい

・認定住宅としやすく、優遇減税を受けやすい

・フラット35Sの金利優遇を受けられる

 

デメリット

・太陽光発電設備が必須

・初期費用が割高となってしまう(一般的にZEH化には250~300万円程度かかる)

・実際の利用結果として、光熱費の収支が0にならない場合もある

 

ZEHは国の施策として大きな投資がなされている分野であり、

今後の住宅性能の大きな旗印になると考えられます。

初期費用のハードルもありますが、光熱費の投資回収計算だけでは計れない、

客観的な性能価値を資産に付与できるメリットがあります。

また、快適性やヒートショック緩和など、実際の住み心地の面での良さも期待できるといわれています。

 

あなたもZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)にしてみませんか?

詳しい話を聞きたい方は、是非一度スタッフまでお問合せください。